映画MOZU撮影で西島秀俊がロケ地マニラで角膜を怪我!原因は?

Sponsored Links

西島秀俊主演の連続ドラマ「MOZU」の、映画が上映まで二週間を切りましたね。今回も、西島秀俊さんは体に負担をかけて撮影を行っていたようですね・・・。

肋骨にヒビが入ったとか・・・。

肋骨というと、お腹の辺りを、思いっきり打ち付けてしまったんでしょうか?普通の邦画撮影じゃ考えられないですよね。。

数メートル上の高台から、飛び移りを誤ったとか、カーアクションの急ブレーキで、ハンドルにぶつけてしまったとかが想像できますね。いやあ、怖いです・・・。

日本の俳優さんで危険な撮影を進んで行う人は、あまりいらっしゃらなく、貴重なお方ですので、お体を気をつけてもらいたいですね・・・!

下に引用元の記事のリンクがありますので、詳しく調べたい方はこちらを御覧ください。

引用元:まんたんウェブ

<西島秀俊>肋骨ひび、角膜はがれ…「体ボロボロ」 壮絶ロケ明かす

俳優の西島秀俊さんが27日、東京・六本木で行われた主演映画

「劇場版 MOZU」(羽住英一郎監督、11月7日公開)のワールドプレミアに登場。
フィリピンで1カ月にわたる大規模なアクションシーンのロケも行われ、西島さんは「日本では考えられないようなカーアクションをやったりとか、とにかく毎日戦場のような日々で、僕も肋骨(ろっこつ)にひびが入ったりとか、左肩を壊したり、右目の角膜をはがしたりとか、いろいろ。実際過酷で体ぼろぼろになりましたね」と壮絶な撮影を明かした。

 

目の怪我、「角膜剥離」、原因は?治るまで何日か?

nishijima2

基本的に、角膜剥離は、目に異物が入ってしまったり、コンタクトを取るときに誤って、目の表面を傷つけてしまった場合に起こる症状のようで、軽い怪我である場合がほとんどらしいですね。

軽症であれば、三日間ほどで、角膜が再生してしまうそうです。適切に治療を行えば、手の切り傷よりも治りやすいんですね~。

撮影が数日間ほど、進捗が止まっただけで良かったです。公開延期は西島秀俊さんも申し訳なく感じてしまうでしょうし。

 

コンタクトレンズを取る時でも、なってしまう時がありますので、加えて、コンタクトレンズをつけた状態で眠ってしまった時は、目が乾燥していますので、取るときは要注意ですよ。

必ず、目に目薬か、綺麗な水に浸して、目に違和感がなくなった時に取りましょう。最低でも10分は欲しい所です。

角膜剥離の原因は過酷な撮影と環境によるものか?

nishijima1

西島秀俊さんを襲った、角膜剥離の原因は、ロケ地であるフィリピンでの撮影環境であることは間違いないでしょう。

撮影場所はフィリピンのマニラで、約一ヶ月撮影を行ったようです。使用した弾丸は1500発、壊した車の数は4台もあるとか。3DCGでは無いところに、映画の本気が伺えますね。

かなり火薬を使って爆破を行ったり、実銃を使っていたりしていましたので、そこで目に異物が入ってしまったんだと思います。

角膜剥離が起きるのは、爆発や、機械を使った時に起こる突風により、目に細かい粒子状の金属の破片や木片によって引き起こされるものです。

目に異物が入った状態で目をゴシゴシと擦ってしまったら・・・・。後は想像できますね・・・。恐ろしい。。

西島秀俊さんが軽症で良かったです。重症化すると失明するかもしれませんからね・・・。

フィリピンのマニラの治安は?

Sponsored Link
Sponsored Links
 

フィリピンは、ものすごく治安が悪い印象がありますが、物凄く、ってほどではないようです。さすがに、先進国と比べると、凄まじく悪いですが・・・。

詳しくは下の方のブログに情報が乗っております。

実際にフィリピンに訪れていた人の感想です。

ロケ地に行きたい方は、必ず、金目の物や、派手な格好はしないようにしましょう。

 

それでは、ここまで見ていただいてありがとうございました。また宜しくお願いします。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ