N高等学校の制服が可愛い!偏差値や受験内容と評判は?【画像】

Sponsored Links

2015年10月頃に一時期注目を集めた、新たな通信制高校となるN高等学校ですが開校予定日まで、あと少しとなりましたね~。

しかも2016年3月22日は、N高等学校、スクールライフに関する発表会がニコニコ動画で生放送されるそうです!

通信制高校と言えば、高卒の資格を取るだけの場所というイメージが有りますが、N高等学校では、大学進学も考慮に入れた新しい通信制高校を目指すようですね。

ドワンゴ×プログラミング授業や、角川×文学小説授業、電撃文庫×エンターテイメント授業等のイメージ通りの授業や、Vantan×クリエイティブ授業によるデザイナーやパティシエ、ヘアメイク等の女性向け授業も有るなど、非常に充実したカリキュラムとなっています。

しかも、制服の画像まで可愛い!と話題なN高等学校ですが、偏差値や受験内容、そして前評判はどんな感じなのでしょうか?

やはり、入学希望をする前に不安要素は取り除いていたいですよね^^;

今回は、そのあたりを調べてみました。

N高等学校の偏差値や受験内容は?

N高等学校
N高等学校の受験内容は書類審査と面接で(必要に応じて)合否を審査するそうです。

そのため、国語や数学等のテストはないので、偏差値という概念も有りませんね。大学のAO入試に近い感じかもしれませんね。

まあ、面接を行う場合は願書の記入内容が怪しい(既に高校を卒業している等、嘘の経歴)場合や、学習するにあたって重度な障壁を持っているのではないか、と疑われた時に限ると思いますね。基本的に面接はないと思っていいでしょう。

書類選考は、「現在の学力」よりも「将来への熱い熱意」や「自分を変えたい!」という前向きな気持ちが伝われば基本的に合格なのではないでしょうかね?

「正直、N高等学校には行きたくないけど、入ってやるよ」等を、適当で後ろ向きなことを自己PR項目に書いてしまったら通らないでしょうね^^;やはり学校としても、扱いにくい人は入れたくないですからね。

そんなことを書く人はいないと思いますが・・・^^;

ただ、新入学・編入学の時期も4月以外の7月や10月、1月にも入学できるのは強みですね~!

ちなみに編入学できる方は、高校を中途退学された方が対象のようです。在学中でも転向できるようで転入学の方は随時受け付けをしているようです。

親の急な転勤と、高校がつまらないと感じた人にとっては、うってつけの高校かもしれませんね。

学費も奨学金を入れれば、年間10万円程度に収まるそうですし。

N高等学校の前評判は?やはり不安の声が・・・。

N高等学校の前評判ですが、ホリエモン氏からの評価はそこそこな感じですね。


しかし、N高等学校の存在意義を疑っている人も当然いますね。


確かに、社会に出て働くということは必ず人と直接、接することになりますからね・・・。面接第一な社会ですから。企業としてもドワンゴと関係している企業でないと採用してくれないかも・・・?


テスト項目が書類選考ということで、学力が一定水準に満たない学生もいらっしゃるでしょうが・・・。そもそもFランはボーダーフリーな大学のみで使われていた言葉なので、高校で使うのは間違いかも。

個人的に、田舎の中途半端な進学校(校則がきつい)を行くよりも良い場合があると思います。まあ、開校してからの結果待ちですね・・・!

まあ、どこに行っても結局は本人のやる気次第ですが・・・^^;

N高等学校の制服が可愛い!デザイナーはMAGESの志倉千代丸社長。画像はこちら!

Sponsored Links


それでは、最後に、N高等学校の制服をご紹介しておきます!男女ともに可愛らしいデザインに仕上がっていますよ♪

デザインは、『シュタインズ・ゲート』で有名な「MAGES」の代表取締役社長、志倉千代丸さんですので、ファンのかたにとっては是非とも手に入れたいものですね。

コレ目当てで、入学生に購入させる人が出てこないか心配ですね^^;

値段は3点セットで税込み42984円となっています。入学生しか購入できないようなので、貴重な制服かもしれませんね。買わなくても良いそうですし。

N高等学校、制服
特に女性のピンクリボンが可愛いですね♪男女ともにネクタイとリボンが特徴的です!

ワイシャツとカーディガン、ソックス、靴は付随していないようなので、別途購入する必要が有るようですね~。

 

それでは、ご紹介は以上となります。

N高等学校に興味を持った方のために、N高等学校の個別相談会用のサイトリンクを貼っておきますので、そちらから予約可能です♪

N高等学校の相談会サイトはこちらです!

ここまで見て頂きありがとうございました。次回もよろしくお願い致します!!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ