ユニクロバスタオルの口コミは?カビ臭い原因・洗濯と干し方特集

Sponsored Links

秋を終え、そろそろ冬ですね~。寒くなると、しっかり体を拭かないとすぐ風邪を引いてしまいます。

ここで信頼ができ駅前店舗数が多く、地方の方でも入手しやすいユニクロのバスタオルは時間が無い方には仕事帰りにでも購入できます。

ユニクロは送料がかかりますが、ユニクロのオンライン通販でも購入できるのが魅力的なところですね。

ユニクロタオルは良いのかどうか、口コミについて調べてみました。

加えて、冬になると日照時間が減ってしまいバスタオルは非常に乾きにくくなります。

そして、残るカビの臭い・・・。

そのため、今回は、バスタオルに残るカビ臭い匂いの原因と洗濯の仕方・干し方について特集してみました。

ユニクロバスタオルとは?ユニクロバスタオルの口コミ!

ユニクロのバスタオルとは「ふわかるコットンタオル」という商品のことです。タオルの種類はバスタオル、フェイスタオル、ミニタオルの3タイプです。3色あります。100%綿です。

basutaoru0

こちらがユニクロのバスタオルです。こちらは6種類あります。

値段は1500+消費税8%で幅が120cm、高さが60cmです。重さは320グラム。

 

facetaoru

こちらがフェイスタオルです。こちらの色も6種類です。

値段は790+消費税8%で幅が80cm、高さが34cmです。重さは106グラム。

minitaoru

値段は790+消費税8%で幅が25cm、高さが25cmです。重さは25グラム。ハンカチとしても使えるそうです。便利ですね。

ユニクロはタオルの大きさと重量までしっかり書いてくれているので、曖昧じゃなくて良いですね。

そして口コミについてです。口コミの感想については公式サイトからの引用で6件ありますね。評価は☆5中3.9と高評価気味ですね~。

ただ、口コミの通り、サイズが少し小さい、吸水性にかける?という評価がありますね。ただ、一方、吸水性があると評価している人もいます。

ふわふわ感は洗濯してもあるようですし、安いタオルにありがちな毛クズも付いているという評価もないですので、安心して使えそうです。

あまりタオルについて、こだわった経験が無い方や細かいことは気にされない方は選んでも十分な働きをしてくれると思いますね。

hyouka1 hyouka2

 

ユニクロバスタオルの臭いの原因は?

Sponsored Link
Sponsored Links
バスタオルは毎日を洗濯を行わなければいけないものですので、どうしても、雨の日や梅雨の時期、冬には生乾きになってしまいます。

それの積み重ねでどうしても臭いがでてしまいますよね~・・・。あの臭いは本当に気分が参ってしまいます。

原因は、細菌が出した臭いです。中にはピンクの色素を出すタイプもいるそうで、洗っても雑菌は取れにくいそうです。これは中々悩みますよね。

臭いの取り方は?

それはズバリ、酸素系漂白剤と40~50℃のお湯に漬け込むことです。タオル類をまとめて、バスタブに入れ、酸素系漂白剤とお湯で漬け込みましょう。

40℃以上というのがポイントで、40℃以上じゃないと、ほとんど効果がないそうです。そして、一時間ほどつけ、手に触れてヌルいと感じたら、取り出して洗濯機で洗いましょう。

これをやる前に、洗濯機自体のカビ取りを行っていたかどうか、思い出しましょう。洗濯機自体がカビだらけだと、あまり効果は出ませんので。。

hyouhakuzai1

洗濯用の酸素系漂白剤なら、どれでも良いですので好きなモノを使いましょう!

ユニクロバスタオルの洗濯の仕方・干し方特集!!

hoshikata2

洗濯が終わったら次です。干し方ですね。

干し方は上の画像のように、3:7ぐらいの割合で、はみ出させ、表面積を確保します。他にも、スペースがあるならジグザグに横から干すやり方もあります。

直ぐに乾いて欲しいなら、小さいタオル類を大きいタオルに包むように干して、そこにドライヤーを使って少し離しながらまとめて、乾かすと良いようですね。

乾く時間が遅ければ遅いほど雑菌が繁殖してしまいますので注意しないといけません。

一番いいのは結局、お日様の元で干すことですので、なるべくなら外で干しましょう。

それでは、今回も読んでいただきありがとうございました。次回もよろしくお願い致しますね!

 

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ