高畑裕太は発達障害でADHD?アスペルガーとの違いや種類は?

Sponsored Links

ホテルに勤めていた女性従業員を暴行したとして逮捕された、高畑淳子の息子、高畑裕太容疑者ですが、幼少時代のエピソードや番組での言動から、高畑裕太容疑者は発達障害ではないか?という疑惑の声があがっているみたいですね。

発達障害にも種類があり、ADHDやADD、アスペルガー症候群等、さらにはこれらの合併型まで存在し、正確なカテゴリ分けは難しい部分です。

今回は、高畑裕太容疑者の過去番組での言動や幼少時代のエピソードについて紹介して、高畑裕太容疑者が本当に発達障害なのか、分析を行っていきたいと思います。

高畑裕太容疑者は発達障害?ADHDなのか?

まず、高畑裕太容疑者の幼少時代についてのエピソードをご紹介しましょう。

・4歳まで全く喋らなかった(発達障害との関連は不明)

・学童保育所の帰り道にネコがいて友人と一緒に追いかけていたら、練馬区から埼玉県内までネコを追いかけてしまった(5~10kmほど追いかけたというのも、ADHDの過集中か?)

・学校に行こうとせず水中メガネで一時間、お風呂で過ごす(これも過集中)

・忘れ物を高畑淳子さんが届けるが学校にはおらず、近所のコンビニで立ち読みをしていた(学校に行くのを忘れるほど集中してしまった?)

過集中とは、ADHDの症状の一つです。興味を持ったことに、過度に集中してしまい数時間どころか10時間ぐらいでも興味対象に集中出来てしまうんですね。

そのため、過集中が勉強やスポーツに向いていれば、高い偏差値や、スポーツの天才にもなりえるのです。

高畑裕太さんは子供の頃から変わった行動をしていたのが分かりますね。また、明らかにADHD症状の一つ、過集中のエピソードが多いですし。

Sponsored Links


高畑裕太容疑者の最近の番組での言動や行動も、発達障害の可能性を高めているので、それも紹介します。

・8月17日に放送された『おじゃマップ』で、那須サファリパークで動物にあげるエサを自ら食べたり、ライオンにエサをあげようとして窓を全開。(思い浮かんだ衝動を抑えきれない?)

・『中居正広のミになる図書館』哀川翔さんが手作り餃子を食べた後に一言。「うちのお母さんが作る餃子はクソマズイんですよ、真逆でベチョベチョの脱水しきれていない洗濯物みたいな」

・『金スマ』便利屋に弟子入り企画で、面接に必要な履歴書を忘れる(不注意の症状か?)

・米を研げず、缶詰の開け方も知らない

・親方の大切な傘を失くしてしまう、番組終了後、記念にもらった腕時計を失くしてしまう

現在22歳になる高畑裕太容疑者ですが、8月17日のエピソードからしても、現在進行形だったのが分かりますね。

エサを食べたり、空気が読めない発言をしたり等、これもADHD症状の一つ、衝動を抑えきれない部分でしょうね。思い立ったらすぐ行動してしまう症状です。

ただ、発達障害以外の部分にも問題がありそうな所がありますね。。米が研げない、缶詰の開け方が分からないって、さすがにこれは発達障害とは関係ないでしょう・・・。

発達障害と言っても、学習できない訳ではないですし、得意分野では健常者を遥かに超える才能を持つ人もいます。

高畑裕太容疑者を発達障害だと仮定したとしても、社会経験自体もかなり不足しているように思います。

これは、高畑淳子さんの教育の仕方に問題があったと言えるのではないでしょうか?甘やかされていた可能性が高いと思います。

高畑裕太容疑者はアスペルガー?ADHDとの違いは?

アスペルガー症候群は空気が読めない、人の気持ちが読めないなどがあります。

ADHDに関しては、人の気持ちがある程度読めるので、仕事上でミスを繰り返すなどで、同僚に申し訳ないと思い。自責の念に駆られ、鬱病と合併することもあります。

高畑裕太容疑者は、ADHD(多動性・不注意・衝動性)に加え、アスペルガー症候群も多少ありそうな部分はありますが、ADHDに比べると目立ちませんね。

結論を言うと、高畑裕太容疑者は衝動性・不注意・多動性を持つ一般的なADHDの可能性が非常に高いですね。加えてアスペルガー症候群も合併しているかもしれません。

発達障害だとしても、今回の暴行事件で減刑がなされるというのはありえないでしょう。そんな判例もありませんし。

しっかりと、ご自身が行った罪を償ってもらいたいですね。

ここまで見て頂きありがとうございました。次回もよろしくお願い致します。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ