NHK静岡の小林達彦副局長の経歴や画像は?元ディレクターか?

Sponsored Links

NHK静岡の副局長、小林達彦さんが自転車窃盗の容疑で逮捕されたみたいですね・・・。

NHK勤めで、地方局とはいえ副局長の地位まで上り詰めていたんですから年収は軽く1000万円は超えているはずなんですが・・・。全く意味がわからないですね。。

歩道に停めていた高校生の自転車を盗み、持ち主の名前をテープなどで隠して通勤に使っていたようです。乗り捨てで捕まったのではなく、常用目的というのもまた腹立たしい部分ですよね。

歩道に捨てられていると勘違いして盗んだのか、それとも歩道に停めるような不良の自転車は盗んでも構わないという意識で盗んだのか、どちらにせよ盗んだ時点で人間としてのモラルを疑いますよ。。

 

今回は小林達彦容疑者の経歴や画像について紹介したいと思います。NHK静岡の副局長に就いているぐらいなので、中々の経歴の持ち主です。

それではご紹介していきます。

NHK静岡副局長、小林達彦の経歴は?

小林達彦容疑者は1963年生まれで北海道小樽出身のようです。

1987年にNHKに入局、主に自然番組の制作に携わっていたようですね。2003年にはNHK番組制作局・科学環境番組部のチーフディレクターと順調な出世で、世界で初めてアムールヒョウの撮影に成功したらしいです。

詳しくは下記引用を御覧ください。小林達彦容疑者の年齢を計算すると、逮捕時と生年月日が一致するので別人ではない思います。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
小林/達彦
1963年、北海道小樽市に生まれる。1987年にNHK入局。主に自然番組の制作を担当。2003年より、チーフディレクターとして主にロシア、中国、カナダなどの寒冷地で取材。主な制作番組、生きもの地球紀行「タイガの森に幻のヒョウを追う」「ロシア・バイカル湖のアザラシ」「ロシア・ウランゲリ島のホッキョクグマ」など。国際共同制作アジア知られざる大自然「氷の王国 夏の輝き」(富山自然番組映像祭でアジア賞)。ハイビジョンスペシャル「精霊の宿る森に神のトラを見た」(アジアテレビ映像祭2004の自然番組部門で第3位、2004米モンタナ州生物環境シンポジウム1stスクリーニング賞、2005米モンタナ州IWFF国際野生動物映像祭にて「人と動物の関わり」賞などを受賞)。ハイビジョンスペシャル「氷の王者ホッキョクグマ 岩合光昭」(アジアテレビ映像祭2004の自然番組部門でグランプリ賞などを受賞)。ハイビジョン特集「神からの授かりもの 天国の鳥ゴクラクチョウ」(アメリカフィルムフェスティバル2005自然番組部門グランプリ受賞)。現在、NHK番組制作局情報番組センター科学・環境番組部のチーフディレクター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

引用:Amazonに飛びます(アムールヒョウが絶滅する日 単行本 – 2005/9)

滅茶苦茶取材しまくっていたようですね。間違いなくNHKの自然番組づくりに貢献していた人物でしょう。そんな方が自転車窃盗で逮捕されてしまうなんて、もったいないことをしましたね。。

Sponsored Links

NHK静岡副局長、小林達彦容疑者の画像やインタビューは?

それでは最後に小林達彦容疑者の画像とインタビューに答えているサイトをご紹介して、終了しようと思います。

小林達彦,NHK,副局長,静岡
確かに、自然を愛していそうな顔立ちですね。彫りが深い感じです。

2006年4月30日に公開された小林達彦達彦容疑者のインタビュー記事はこちらです。

アムールヒョウを捉えた時のエピソードについて語っています。

今回の逮捕は非常に残念です。小林達彦容疑者が制作した番組に感動した方もいたでしょうに。。

副局長という立場よりも現場でキリキリ動いている方が向いている方で、ストレスが溜まっていたのかもしれませんが、窃盗はアウトです・・・。反省してもらいですね。

それでは、ご紹介は以上です。

ここまで見て頂きありがとうございました。次回もよろしくお願い致します。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ