フランス東部で高速鉄道TGVが脱線事故。テロが原因?[画像]

Sponsored Links

本日、11月15日にフランスの高速鉄道TGVが脱線事故を起こしました。場所はフランス東部のストラスブール川沿いです。

自治体当局では、テロとの関係はなく、単なるスピードの出し過ぎだと言われています。

フランス・パリの同時多発テロとの関係はあるのでしょうか?

今回は、フランスの高速鉄道TGVについてと脱線事故の画像をまとめまして、事故の原因はテロにあるのか?に考察してみました。

それでは、はじめていきます。

 

フランスの高速鉄道TGVとは?

TGV,フランス

TGVとは、フランス語で「高速列車」という意味の頭文字から取ったものの略です。

Train à Grande Vitess」でTGVと略しています。日本の新幹線のフランス版だと思えば分かりやすいですね。最高時速は320kmまで達するそうです。

TGVはベルギー、スイス、ドイツにも乗り入れできるそうです。さすが、地続きの国ですね。

 

フランスの高速鉄道TGVの脱線事故の画像まとめ

TGV,フランス,事故

先頭車両のようです。鉄橋から脱線したのでしょうか?

TGV,フランス,事故

少し離れてみてみると、川の真っ只中のようですね。

 

TGV,フランス,事故

TGVの車輪?でしょうか。

 

TGV,フランス,事故

これが一番被害状況について分かりやすい俯瞰画像です。かなりのスピードが出ていないと、ここまでバラバラにはならないと思います・・・。

煙も酷い・・・。

フランスの高速鉄道TGVの脱線事故の原因はテロではない?

Sponsored Link
Sponsored Links
 

脱線事故とパリ同時多発テロとの関係性はないと個人的には思います。

テロが起きた場所は人が多く、警備が手薄な場所でなおかつ、密集しているところで行われているので、わざわざ人が少ない試運転車両を狙う必要はないからです。

試運転車両には確実に警備体制が敷かれていますし、関係者以外が立ち入ろうとしても、身内で関係者の顔が割れているので部外者は直ぐに怪しまれます。

既にパリで同時多発テロが起きたばかりですので、かなり厳重な警戒態勢を取っていると思われるので、テロではないでしょう。

もしかしたら、TGV技術者の心理状態が、パリ同時多発テロが原因でかなり悪い状態になっていた可能性はありますね。

パリは首都ですので、家族や親戚、友人が事故に巻き込まれていないかどうかの心配や、試運転車両が狙われるかもという心配をしていて、事故を起こしてしまったのかもしれません。。

予想ですので、真相はこれから解明されると思いますが、それにしても、フランスは踏んだり蹴ったりの状況ですね。。

フランス東部ストラスブール周辺にいた方々は、テロだと誤認してパニックに陥ってなければいいのですが。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ