ReDEMOS理事の上智大学、中野晃一教授の画像やwikiは?

Sponsored Links

あの色々と有名な学生グループ「SEALDs」が12月14日に記者会見を開き、政治課題の分析や、政策提言を行うシンクタンク、「ReDEMOS」(リデモス)を設立したようです。

今回のメンバーは大学教授や弁護士が理事を務めているようで、提案する政策についての矛盾を見つけるのは一筋縄じゃいかないかもしれませんね。。

そこで今回は、ReDEMOSとは何なのかを紹介して、次にReDEMOS理事に就任した上智大学の中野晃一教授とは誰なのか?をwiki風にプロフィールでまとめ、中野晃一教授の画像も見つけましたので、ご紹介致します!

 

それではいきましょう!

 

一般社団法人、「ReDEMOS」(リデモス)とは?

リデモス
ReDEMOSとは市民が参加して活用できる知のプラットフォームらしいです。基本的に政府に対して、政策を提言する組織のようですね。

「視点」では政治課題を多様な視点で提示するようですね。

「論争」では異なる立場から出る意見を交わすための場所を提供して、建設的な議論ができるようにするそうです。

最後に、「提言」では、これら議論の深まりを踏まえて、政府や政治家に政策提言を行うようです。

これら3つを、インターネットメディアやメールマガジン、イベントを通して発信するらしいです。うーん、意見しづらいなあ・・・。

詳しく知りたい方は、ReDEMOSの公式サイトへ飛んで下さい。。公式サイトはこちら

上智大学の中野晃一教授のwiki風プロフィール!画像も!

中野晃一
 

名前:中野晃一(なかの こういち)

生年月日:1970年です。現在は45歳です。

学歴:東京大学文学部哲学科を1993年に卒業、オックスフォード大学トリニティ・カレッジ哲学・政治学科を1995年6月30日に卒業し、東京大学総合文化研究科地域文化研究専攻して1995年7月30日に中退しております。

そして、アメリカのプリンストン大学政治学研究科を1997年5月31日に修士課程を修了し、同じくプリンストン大学政治学研究科で2003年11月15日に博士課程を修了しています。

大学教授になる人はこんな課程を経るんですね。。10年間学び続けていたんですね。趣味=政治なんでしょうね。

現在の所属大学は上智大学国際教養学部国際教養学科です。こういう教授の講義って一般教養か専門って印象が強いです。しかもかなり灰汁が強い。。私もこんな感じの教授の講義を受けたことが有りますが、即バックレでした(笑)

一般教養科目で日本人の発音云々なんて言われても。。

中野晃一教授のプロフィールを詳しく知りたい方はこちらです。

上智大学、中野晃一教授の10月19日院内集合動画は下のほうにあります。

Sponsored Links


正直、あんまりにもコメントしづらいので、私は何も言えないです。。もう各人の評価が全てなのではないかと思われます!!

下に中野晃一教授が話している動画がございますので、そちらを見てから中野晃一教授を評価すると良いと思いますよ!

それでは、このサイトに動画があります!

今回は、以上です。私自身あまり詳しくなかったので、ほとんど感想を言えませんでしたが、色々と深い世界なのだな、理解できました。

ここまで見て頂きありがとうございました。次回もよろしくお願い致します。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ