滝沢カレンの日本語は障害で変?キャラ作りでわざと?英語通訳?

Sponsored Links

本日、2016年2月15日、21時から放送予定の「人生が変わる1分間の深イイ話」にゲストとして、滝沢カレンさんが出演します!!

辿々しく、日本語が変だけど、かわいいって最近話題になっている滝沢カレンさんですが、巷では、滝沢カレンの日本語がおかしいのは滝沢カレンさんが言語障害持ちだからなのではないかと疑惑の目が向けられています・・・!

日本語がおかしいのはキャラ設定なのか?それとも言語障害なのか・・・?

実際、どうなのでしょうか?今回は滝沢カレンさんの日本語が変な理由について紹介し、英語は喋ることができるのか?滝沢カレンさんが通訳?の意味についてご紹介していきます!!

それでは、いきましょう!!!

滝沢カレンの日本語が変?わざとでキャラ作り?言語障害持ち?

滝沢カレン
2015年でブレイクしだした滝沢カレンさんですが、他のハーフタレントである、ローラさんやベッキーさんと比べて、日本語の使い方がおかしいことで有名ですよね。

滝沢カレンさんの不思議な発言では、「7階と8階の間に住んでいた」に続いて、「9階と7階の間に住んでいた」と発言し、さんまさんから「それは8階やろ!!」と突っ込まれているぐらいです(笑)

まあ、ハーフタレントなので、実際に日本にやって来たのはここ最近だから日本語がおかしいのか?と最初はそう思ったのですが・・・。

なんと生まれてから23年間、日本にしか住んだことがないそうです!!それなのに日本語が話せない・・・?これでは言語障害を持っているんじゃないかって心配されてもしょうがないですね。。

学歴は小中高一貫校に通っていたようです。また、滝沢カレンさんのブログで書いている文章は普通で、滝沢カレンさんのCMでは、台本通り喋ることができています。

高校を卒業できて、書く文章は普通、CMの台本は読める・・・。

これらから推測すると、もし、滝沢カレンさんが障害を持っているとするなら、聞き取る力や読む力は問題無いですが、話す部分になんらかの言語障害を持っているかもしれませんね。

ここまでの情報だけならそうなっちゃいますが、まだこの話には続きがあります・・・!

滝沢カレンは英語を喋れる?何人のハーフ?

滝沢カレン
滝沢カレンっていう名前の響きから英語がペラペラなのではないかって、初見だとそう思ってしまいますが、23年間日本に住んでいるので、日本語以外は話せないそうです。

滝沢カレンさんが、英語を通訳できていたら凄かったんですけどね(笑)

また、滝沢カレンさんはウクライナ人とのハーフです。お母さんがロシア語通訳の仕事をしていたそうですが、滝沢カレンさんの日本語が変なのはお母さんが片言しか話せないロシア語通訳現場に、滝沢カレンさんを連れて行っていたせいだとか・・・。子供の頃、片言の日本語を聴きすぎてしまって、今のような日本語を話すようになってしまったかもしれませんね。。

 

滝沢カレンさんの日本語が変なのは母の通訳のせい?考察してみる

Sponsored Links


私の推測ですが、通訳を必要とする仕事は、会話の内容も難しいことが多いです。しかも滅茶苦茶難しいロシア語ですし。。滝沢カレンさんが独特な片言日本語なのは通訳特有の、単語毎に区切って話している現場を聴いていたせいかもしれません。

母親が、聴いた瞬間ロシア語を日本語に変換できるぐらいのレベルではなく、一語一語聞き取って、日本語で通訳していたとしたら十分有り得る話です。しかも通訳する際、なるべく丁寧語にする必要があるので、それを聞いた滝沢カレンさんは、変な謙譲語や丁寧語を入れた片言日本語を喋るようにインプットしてしまったのではないでしょうか?

滝沢カレンさんの話す言葉の一語一語は難しい日本語が多いですし。

そう考えると、親子との会話って滅茶苦茶重要なんですね。。子供と話す時間がないくらい仕事が忙しかったんですかね??

お父さんがウクライナ人ということもあり、お父さんの方は一切日本語を話せなかったんじゃないでしょうか?滝沢カレンさんも結構苦労してそうですね。。

滝沢カレンさんも、日本語が変な部分は個性として受け入れられていって欲しいところですね。下手したら外国人ハーフの差別問題とされちゃいそうですし。

 

それでは、ご紹介は以上です。

ここまで見て頂きありがとうございました。次回もよろしくお願い致します!!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ